「布袋さま」「張順水門破り」刺青デザイン&意味

布袋さまの和彫り、刺青
水滸伝張順、水門破りの和彫り刺青

腹のど真ん中には「座った布袋さま」墨仕上げ希望です。本人のへそと「布袋さま」のへそとを上手く合わせたレイアウトにしました。

今回は最後に「編笠」を入れてで筋入れが全て終わりました。(写真左)

少し時間が残ったので、背中「張順・水門破り」の波の墨ボカシをしました。(写真右)

 

 

水滸伝では108人の豪傑が登場しますが、その中で水泳の達人で河童みたいに七日七晩水中にいることができたと言われている「張順」が水門を破ったことで、味方は勝利を納めることができます。

この図柄は、「張順」が西湖に潜って、敵が籠城する城の水門を破って城内に忍び込みますが、敵兵に見つかり攻撃を受けて最後を遂げたシーンです。

その勇姿を伝える絵柄として刺青・和彫りで大変人気があり背中一面に彫る人が多いです。