「髑髏を掴んだ龍と牡丹と鬼の顔」タトゥー 刺青デザイン&意味

髑髏と龍と鬼に牡丹の刺青

右腕に、先日仕上がった「髑髏をつかんだ龍と牡丹」抜き彫り墨ボカシ仕上げのOさん。

前回、「龍」の横に「鬼の顔」も加えました。

全てを加えて額を付けることになりました。

今回は、胸まで伸ばして牡丹の花を入れました。

 

 

牡丹の花は、とても見事な大輪を咲かせる事から「百花の王」「花中の王」などと呼ばれ、

花の王様とされタトゥー、刺青でも人気があります。

「牡丹」が象徴する意味は、王者の風格・高貴・富・幸運です。

 

 

 

 

 

 

タトゥースタジオMANDARA