「一匹龍」タトゥー 刺青デザイン&意味

背中に一匹龍の刺青和彫り

新規で背中に大きく「一匹龍」抜き彫り墨仕上げのVさん。

男らしく、なるべく背中いっぱいに構図を取って彫ります。

尻尾はお尻の中ほどで収めました。

今回は4回目、筋彫りが終わりました。

「龍」の輪郭を太くしながらの「龍」のウロコボカシ開始です。

 

 

龍のウロコは81枚あると言われてます。

そのうち喉元にある1枚だけが逆さに生えていて、これを「逆鱗」(げきりん)と言い、それに触られると激高し、触った者を殺してしまうと言われています。

このことから、激怒を呼ぶような行為を指して「逆鱗に触れる」と表現されています。

 

 

タトゥースタジオMANDARA