「牡丹の花と蝶」カバーアップ タトゥー 刺青デザイン&意味


牡丹と蝶のタトゥー

新規で、左上腕部に入れた「いたずら彫り」を「牡丹の花と蝶」色仕上げでカバーアップ希望です。

今回は、「牡丹と蝶」の筋彫りでした。

 

 

牡丹の花は、とても見事な大輪を咲かせる事から

「百花の王」「花中の王」などと呼ばれ、

花の王様とされタトゥー、刺青でも人気があります。

「牡丹」が象徴する意味は、王者の風格・高貴・富・幸運です。

 

 

 

 

名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA