「夫婦の龍と牡丹」タトゥー 刺青デザイン&意味

夫婦龍と牡丹の刺青、和彫り

前回右側、肩口から肘にかけて抜き彫りの「一匹炎龍」を完成させたHさん。

「夫婦の龍と牡丹」として胸に「龍」をもう一頭加え、これをひかえ七分色額仕上げに

ボリュームアップします。

今回は内側の雲などの額ボカシでした。。



龍の特徴として、角は鹿、頭は駱駝(らくだ)、眼は鬼、耳は牛、胴体は蛇、ウロコは鯉、

お腹は蜃(蜃気楼を作り出すとされている伝説の生き物)、爪は鷹、手のひらは虎を持つ

とされています。四霊の一つである龍は変幻の象徴とされています。

また、干支の中で唯一この世に存在しない伝説上の生き物で、干支における龍は、

信用と正義感の象徴であり、中国では権力の象徴として言い伝えられています。





名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA