「阿弥陀如来坐像」「龍虎の戦い」タトゥー 刺青デザイン&意味

総身彫り 刺青和彫り

総身彫りで、前面胸は「阿弥陀如来坐像」後面背中には「龍虎の戦い」をメイン絵柄のYさん。

今回は、右サイドの「如来像」から「龍虎」に繋がる間の墨額ボカシでした。

今回は同じ脇腹でも前回より痛くなかったみたいです。

睡眠不足の時は神経が立って痛いみたいですよ。



額とは、抜き彫りの周囲に、墨の濃淡やボカシで「波・岩・雲・炎」などを入れ、

主題となっている「人物・動物・花・仏像」などを引き立たせたり絵柄と絵柄をつないだり、

また全体に統一感を出し、絵柄を引き立たせて仕上げる彫り方です。

伝統的な刺青には色々な手法があり、その図柄に合った方法で全体的な統一感を出しています

額は、その刺青のストーリーが読み取りやすくデザインされます。

※ワンポイントタトゥーもかわいいくて素敵ですが、額のあるタトゥー(刺青)も

物語があり奥が深くて良いですね!

 


名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA