「髑髏を掴んだ龍と牡丹と鬼の顔」タトゥー 刺青デザイン&意味

髑髏を掴んだ龍と鬼の刺青

腕に、先日仕上がった「髑髏をつかんだ龍と牡丹」抜き彫り墨ボカシ仕上げのOさん。

前回、「龍」の横に「鬼の顔」も加えました。

全てを加えて額を付けることになりました。今回もその墨額ボカシでした。



額とは、抜き彫りの周囲に、墨の濃淡やボカシで「波・岩・雲・炎」などを入れ、

主題となっている「人物・動物・花・仏像」などを引き立たせたり絵柄と絵柄をつないだり、

また全体に統一感を出し、絵柄を引き立たせて仕上げる彫り方です。








名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA