「夫婦の龍と牡丹」額ボカシ タトゥー 刺青デザイン&意味

前回右側、肩口から肘にかけて抜き彫りの「一匹炎龍」を完成させたHさん。

今回、これを和彫りにボリュームアップ。

「夫婦の龍と牡丹」として胸に「龍」をもう一頭加え、ひかえ七分色額仕上げにします。

前回までに、筋彫りが全て終わったので今回から本格的に額ボカシに入ります。



「ボカシ」とは、墨の濃淡でグラデーションを付けて影や淡い色合いを出していく技法。

ボカシがなければ、図柄の連続性も繋がりも成り立たちません。

ボカシによって全てが一体化します。

ボカシは綺麗にムラなく入れなければならなく、究極に高められたボカシの技術は

日本刺青・和彫りの特徴の一つでもあります。 日本伝統和彫りではボカシ(濃淡の出し方)は彫師の腕の見せ所であり、作品の良し悪しも決まってきます。

写真では細かい所が判りにくいと思いますが、当スタジオはボカシの技術にはかなり定評があります。


名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA