「昇り龍・桜ちらし」タトゥー 刺青デザイン&意味

昇り龍・桜散らし 刺青和彫り

右側、ひかえ九分丈「昇り龍・桜ちらし」〆に梵字の額墨仕上げMさん。

やはり一番人気の「龍」です。

今回は、肘部分の額ボカシでした。

肘は骨が近いから、少し痛みの強い部位です。



神獣・霊獣として崇められることのある龍は出世の象徴としても人気のある図柄です。

昇り龍は、地上より天に昇らんとする姿で、百年に満たない黒龍。

降り龍は、天より地上に降臨する姿で、三百年を生きて天に住む青龍と言われているように、

生きた年数によって色が違うとも言われています。

昇龍とは、己の災いを天に持っていってくれ、降龍とは天から幸せを運んで来てくれる

と言われています。




名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA