「薔薇に絡む蛇と梵字」タトゥー 刺青デザイン&意味

蛇と薔薇のタトゥー

肩から胸にかけて「薔薇に絡む蛇と梵字」色と墨ボカシ仕上げのDさん。

今回は、蛇の腹の色付けでした。 



蛇は脱皮を繰り返す事から「不死と再生」を連想させます。

日本では白い蛇を見たり財布に蛇の抜け殻を入れると運が上がる等と言われ信仰の神としても崇められています。

始まりも終わりもない完全なものの象徴として、永劫回帰(えいごうかいき)

宇宙の根源、全知全能などの意味でも知られています。

古来より神や神の化身、神の使いとして世界各地で崇められています。




名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA