「九尾の狐」タトゥー 刺青デザイン&意味

背中に「水滸伝・張順の水門破り」胸割り九分色額仕上げのWさん。

今回は、細かい部分の色付けでした。

今回は左腹部分に「九尾の狐」(きゅうびの狐)色付けでした。

血が滲んで少し赤く見えますが黄茶色です。



狐は50歳を過ぎると人間に変化できるようになり、100歳では妖艶な美女や巫女に

化けることも・・・

また男の姿を借りて人間の女性と交わることもあります。

1000歳にもなると狐では最高位となり、尻尾の数も9本になり、体は黄金色に輝き、

時には人肉を食べると言われています。しかし、この人肉を食べると邪気に襲われなくなる事から「魔除け・病除け」の象徴にもなっています。

また「九尾の狐」は日本では神獣とされています。




名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA