「鶴と亀・菊ちらし」タトゥー 刺青デザイン&意味

鶴と亀と菊の刺青、和彫り

右側に以前入れた「家紋」を囲むように、ひかえ七分「鶴と亀・菊ちらし」色額仕上げのKさん

筋彫りも終わって今回から額部分の墨ボカシです。

腕を曲げる部分の内側で出血が多かったようです。



亀は、中国の書物では千年で毛が生え、五千年で「神亀」一万年で「霊亀」と言われています。書物によっては千年で「霊亀」と言われたりもしますが、いずれにしても長寿の象徴とされ、神聖な存在であります。

日本には、亀を用いたことわざがいくつもあります。

鶴は千年、亀は万年・・・長寿でおめでたい事

亀の年を鶴が羨む・・・・欲に限りない事

盲亀(もうき)の浮木(ふぼく)・・・滅多にない幸運に出会う事




名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA