「夫婦の龍と牡丹」タトゥー 刺青デザイン&意味

龍と牡丹の刺青、和彫り

前回右側、肩口から肘にかけて抜き彫りの「一匹炎龍」を完成させたHさん。

今回、これを和彫りにボリュームアップ。

「夫婦の龍と牡丹」として胸に「龍」をもう一頭加え、ひかえ七分色額仕上げにします。

今回は七分みきり部分の額筋彫りをして、少し額ボカシを始めました。



額とは、抜き彫りの周囲に、墨の濃淡やボカシで「波・岩・雲・炎」などを入れ、

主題となっている「人物・動物・花・仏像」などを引き立たせたり絵柄と絵柄をつないだり、

また全体に統一感を出し、絵柄を引き立たせて仕上げる彫り方です。

伝統的な刺青には色々な手法があり、その図柄に合った方法で全体的な統一感を出しています。

額は、その刺青のストーリーが読み取りやすくデザインされます。





名古屋岡崎・岐阜・タトゥースタジオMANDARA