「夫婦の龍と牡丹」ボリュームアップ タトゥー 刺青デザイン&意味

前回右側、肩口から肘にかけて抜き彫りの「一匹炎龍」を完成させた久しぶりのHさん。

今回、これを和彫りにボリュームアップ。

「夫婦の龍と牡丹」として胸に「龍」をもう一頭加え、ひかえ七分色額仕上げにします。

今回は飾りの「牡丹」の筋彫りから始めました。 



牡丹の花は、とても見事な大輪を咲かせる事から「百花の王」「花中の王」などと呼ばれ、

花の王様とされタトゥー、刺青でも人気があります。

「牡丹」が象徴する意味は、王者の風格・高貴・富・幸運です。








名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA