「龍と鯉」タトゥー 刺青デザイン&意味

龍と鯉の刺青

新規で左腕に「龍と鯉」を筆で書いたような水墨風のタッチ仕上げ希望のMさん。

針では、水墨のように一筆で書くわけにいきませんので筋彫りをしてから

筆で書いてるようなタッチにします。

今回は「鯉と龍」の合体でオリジナルの額を付けることにしました。



鯉は長寿を意味する縁起の良い魚とされ、鯉が滝を登りきると龍になる

「登龍門」という言い伝えから困難に打ち勝つ力も象徴しています。

「鯉の滝のぼり」など出世の意味もあり大変人気のある図柄です。





名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA