蓮と梵字の下に「数珠」タトゥー 刺青デザイン&意味

蓮と梵字と数珠のタトゥー、刺青

前回、蓮の上に「梵字」など仕上げたTさん。

今回はその下部に「数珠」を巻くことになりました。

石の部分だけの仕上げでした。


 

数珠はもっているだけで、魔除けや厄除けになると言われています。

中央の大きな珠は「親玉」と呼ばれ、房が付いてる事が多く、

「阿弥陀如来」や「釈迦如来」を表すとも言われています。

タトゥー・刺青では、親玉に梵字を入れたデザインなどもあります。

数珠の象徴する意味は、身代わり・功徳・祈りです。

 

 

 

 

名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA