胸割り仕上げ:ちらした「桜の花」タトゥー 刺青デザイン&意味

背中に、人気絵柄「水滸伝・張順の水門破り」をメインに胸割り色額仕上げのWさん。

今回は、左側にちらした「桜の花」の色ボカシでした。



桜は日本を象徴する花の一つで、刺青・タトゥーでは大変人気があります。

桜の花は、開花してから一週間ほどで散ってしまう事から、

諸行無常(人生の儚さ)を象徴するとも言われています。

他、桜の象徴する意味は、愛・美・良識です。







名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA