「蓮の花とレタリング」タトゥー 刺青デザイン&意味

蓮の花のタトゥー、刺青

右側、肩甲骨上に「蓮の花」薄墨ボカシとレタリングのワンポイント。

筋彫りはうす墨でほとんど入れないで、墨の濃淡ボカシだけで仕上げています。

花芯だけに黄色を使いました。

入れたばかりで血がにじんでいますが仕上がりは薄いグレーの濃淡になります。


蓮の花は泥水が濃ければ濃いほど大輪を咲かせます。

泥水は人生に置き換えると、辛い事、悲しい事、大変な事です。

苦境や困難を乗り越えてこそ大きな成長があると言う意味です。

泥中の様な環境の中、綺麗な花を咲かせる清く正しい、汚れなさの象徴でもあります。


                                          名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA