「カラス天狗」タトゥー 刺青デザイン

カラス天狗の刺青、和彫り

背中に「カラス天狗」抜き彫り墨仕上げです。

今回は、「カラス天狗」の衣の薄墨ボカシでした。



墨(カラス彫り)仕上げで注意する点は、どこもここも墨ボカシして絵を暗くしないことです。

抜くところは抜いてメリハリをつけることです・・・

ボカシは彫師の腕の見せ所であり、作品の良し悪しも決まってきます。

写真では細かい所が判りにくいと思いますが、当スタジオはボカシの技術にはかなり定評があります。

タトゥー・刺青は一生共にするものなので、妥協することなく素敵な作品にしたいと思っています





名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA