「迦陵頻伽」と「水滸伝・水門破り」タトゥー 刺青デザイン&意味

迦陵頻伽の刺青,和彫り


水滸伝,張順の水門破りの刺青,和彫り

背中に、人気絵柄「水滸伝」胸割り色額仕上げのWさん。

今回は、右側胸から腹にかけての「天女・迦陵頻伽」の色付け完了と、背中の「水門獅子」の墨ボカシでした。


水滸伝では108人の豪傑が登場しますが、その中で水泳の達人で河童みたいに七日七晩水中にいることができたと言われている「張順」が水門を破ったことで、味方は勝利を納めることができます。

この図柄は、「張順」が西湖に潜って、敵が籠城する城の水門を破って城内に忍び込みますが、敵兵に見つかり攻撃を受けて最後を遂げたシーンです。

その勇姿を伝える絵柄として刺青・和彫りで大変人気があり背中一面に彫る人が多いです。


名古屋・岡崎・岐阜タトゥースタジオMANDARA