腕に「阿弥陀如来」 タトゥー 刺青デザイン&意味

阿弥陀如来 刺青、和彫りの画像

 右上腕部に「阿弥陀如来坐像」抜き彫り仕上げのFさん。

今回は、筋彫りでした。腕の細い部分に仏画を入れるのはかなり細かい表現になりますので、

ある程度簡略化しないと無理が来ますのでむつかしい作品です。


阿弥陀如来は西の極楽浄土から我々を見守る役目をになっています。

阿弥陀のサンスクリット語からの由来には「無限の命」「無限の光」という意味があります。

全ての命を限りない光で照らし、限りない命で救い続けるとされています。

極楽往生をかなえる西方極楽浄土の教主。無量の大慈悲をもって人々を苦難と不安から解き

永遠の安らぎをもたらします。

また、「南無阿弥陀仏」は生前、どんな悪行をした人もこの念仏を唱えれば極楽浄土に導く

とされるのが、阿弥陀如来です。

 

名古屋・岡崎タトゥースタジオMANDARA

4月16日岐阜スタジオオープン!予約受付中!

090-8677-0666(岐阜スタジオ受付)