<タトゥー(刺青)マシーン>

◆タトゥー(刺青)を彫り入れる際の道具と針とは・・・

日本の刺青は昔より「手彫り」という方法で、のみという道具に針を束ねた物で彫っていましたが、

最近のタトゥー(刺青)ではほとんどの彫師さんが「マシーン(電気器具)彫り」で彫っていますので、

ここではその写真など添付して簡単に説明します。

 

 

手彫り用「のみ」

タトゥーマシーン
タトゥーマシーン

タトゥーマシーン

(チューブと針をセット)


タトゥーマシーン3
タトゥー道具

 

チューブにもいろんな種類があります。

 

針は滅菌され、このようにパッケージされています。


 

「針の種類は・・・」

左から、●ボカシ・ツブシ用(シエダー)→→→●筋彫り用(ライナー)と大きく2種類あります。

 

太さは基本的に1本0.35mmの針を使用しています。

●ボカシ・ツブシ用(ラウンドシェダー:5~6種類)(フラットシェダー:3~5種類)(マグナムシェダー:6~10種類)

●筋彫り用:6~8種類

 

これだけの種類を駆使して、みなさんに綺麗な作品(タトゥー・刺青)をお届けしています。